地球市民って、どんな市民?

 文明の発達は、人類に豊かで平和な繁栄をもたらすと信じられてきました。しかし今もなお、国家、民族、宗教、イデオロギー、経済など、それぞれを分け隔て対立させる力によって、富や平和が偏在しています。同じ小さな地球に生まれた人同士でありながら、富の一方でひどい貧困が、平和の一方で悲惨な戦争が、いまだに存在しているのです。
 地球市民は、そんな事実を忘れません。私たちの平和で豊かな暮らしの裏側で、明日の夢や生きる希望さえも奪われている同胞がいることを知っています。
 そして、それぞれを分け隔てる大きな壁や枠組みとは別に、異なる文化や歴史を、一人の人として互いに尊重し、理解しあい、認め合う意識を持った人々、それが地球市民なのです。
 だから、地球市民意識の下での私たちは、国境やイデオロギーの対立などにとらわれず、お互いの苦境を気にかけ、救いあえるように努力します。地球に生まれたすべての人々は幸せに暮らす権利を有し、すべての地球にくらす人々がそれを実現する責を負っているからです。
 地球上のすべての人々が、それぞれを互いに地球市民として理解しあい認め合ったとき、世界はもっと豊かで平和になることでしょう。